合格ボーイシリーズ 学研 四字熟語288(GB)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> GB(14)-> その他-> カ行-> 合格ボーイシリーズ 学研 四字熟語288(GB)

合格ボーイシリーズ 学研 四字熟語288(GB)

ジャンル:その他
メーカー:イマジニア
発売日:1998年1月30日
ハード:GB

概要

合格ボーイシリーズの作品です。四字熟語が題材となっています。パッケージなどには小学校高学年レベルと書かれていたりします。

四字熟語、類義語、対義語の3つがあり、四字熟語は更に暗記、選択問題、組み合わせ問題に分かれています。暗記では四字熟語の意味が暗記できているかを確認できますが、それがあっているかどうかは自分の判断になります。選択問題や組み合わせ問題はミスするとちゃんと間違いだと判定してもらえるのでズルはできないです。

それぞれにランクA、B、Cがあり難易度が分けられていて、ランクAが簡単で、B、Cとなるにつれ、難易度が上がっていきます。

問題は四字熟語から意味を考えたり、意味から四字熟語を考えたりとオプションで切り替える事が出来ます。

小学校高学年レベルとなっているので、難易度が低いランクAぐらいなら、解けるだろうと思ったりするのですが、基本的には分かるのですが、ひとつぐらい、うっかりと間違えてしまう事もあります。ランクCになると、難易度は難しくなるので、自分の知識の無さに驚いてしまう事もあったりします。

また、漢字が四つ並んでいれば、四字熟語なんですが、知っている言葉でも四字熟語として認識していなかったりする事もあって、勉強になるなと思ってしまいました。もちろん、学習用のソフトなので勉強になって当然なのですが、意外と知らない言葉もあるんだなと思いました。もちろん、自分がムチなだけかもしれませんが。収録されているのはタイトルにある通り、288なのですが、この数字が多いのか、少ないのかは良く分からないです。基本的には知っている事が多いなと思うのですが、単純に数だけ見ると意外と多くの四字熟語が含まれているんだなと思ってしまいました。

このシリーズで毎回思う事は同じで、果たしてゲームボーイで出た価値はどの程度あったのかと言う事です。システムとしては、シンプルで暗記力を試すという意味では、それなりの価値はある気がしますが、わざわざ、ゲームボーイで出すほどの価値があったのかは疑問に思うところもあります。本などで十分だったのではと思ってしまうところがありますが、それを言ったら身もふたもないという事になり兼ねないのかなと思ってしまいました。

実生活の中でどれだけ意識して四字熟語を使っているんだろうと少しだけ思ってしまいました。意識せずに自然と使えると格好良い気がしますが、間違って使うと恥ずかしいので、そう考えると、こういうソフトも役立つのかもしれないと少しだけ思ったりします。



おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項