灘麻太郎のパワフル麻雀 次の一手100題(GB)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> GB(11)-> テーブル-> ナ行-> 灘麻太郎のパワフル麻雀 次の一手100題(GB)

灘麻太郎のパワフル麻雀 次の一手100題(GB)

ジャンル:テーブル
メーカー:四次元
発売日:1994年12月23日
ハード:GB

概要

麻雀のゲーム化作品です。プロ雀士の灘麻太郎の名前を冠したゲームで、ゲーム中で解説をしてくれたりもします。
次の一手100題、対戦麻雀、符計算モードの3つがあります。
タイトルにもなっている次の一手100題は、次の一手として何を切るかを3択で答えます。100題となっていますが、一度に答える問題の数は20問だったり、問題の総数は100問よりも多いなんて話もあるそうです。
単に手牌だけで判断するのではなく、自分の順位やトップとの点数差、順番などを総合的に判断して選択する必要があります。実際にあった場面を再現している問題もあるようです。
解説もしてくれているのですが、灘麻太郎の考え方を理解していないと、なかなか分からない部分もあるのかなと思いました。具体的な考え方の参考にはなりそうですが、どの程度、自分の実力に反映されるのかは未知数な気もしました。
問題数は多いですが、三択なので覚えてしまえば、いずれは最高の段は獲得する事が出来るのかなと思いました。そうじゃないとなかなか難しい所もある気がします。
対戦麻雀は二人打ち麻雀で初級、中級、上級から選ぶことが出来ます。このモードは至ってシンプルな麻雀になります。
符計算モードは点数を計算してくれます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項