ウルティマ 聖者への道-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> FC(14)-> RPG-> ア行-> ウルティマ 聖者への道

ウルティマ 聖者への道

ジャンル:RPG
メーカー:ポニーキャニオン
発売日:1989年9月20日
ハード:FC

概要

PCのゲームとして、展開されていたウルティマシリーズのファミコン移植版の第2弾で、ウルティマシリーズとしては第4弾の作品となります。主人公を操作し、3つの原理と8つの徳を極めたアバタールとなることが目的となっています。
主人公は8つの徳を象徴した8つの職業から、ゲーム開始時の質問によって選ばれる事になります。
基本的な部分、2Dのフィールドマップ、敵との戦闘、ダンジョンが3Dなどの部分は前作と作りとしては変わりありませんが、前作に比べるとかなり改善されていて遊びやすくなっている印象がありました。ただし、魔法を使うときに薬草が必要になったり、新しい乗り物、気球の扱いが難しかったりという別の難点はあったりします。
ゲームの物語と言えば、RPGに限らず、基本的には、敵対する存在が現れてそれを倒すことが目的という感じになってきます。前作でも、エクソダスという存在が現れてという感じだったのですが、本作では、人々が目指す理想の姿となるのが目的と一風変わっています。
そのため、ただ敵を倒してレベルアップすればクリアできるというわけではなく、徳のパラメーターを上げるための行動をしなければいけません。RPGとしては、よくありがちな他者の宝箱を勝手に開けたりすると徳が下がったりしまいます。お金に困っている人を助けたりして徳を上げたりする必要があったりします。
何とも不思議な感じのするRPGになっています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項