蒼き狼と白き牝鹿 ジンギスカン-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> FC(13)-> シミュレーション-> ア行-> 蒼き狼と白き牝鹿 ジンギスカン

蒼き狼と白き牝鹿 ジンギスカン

ジャンル:シミュレーション
メーカー:光栄
発売日:1989年4月20日
ハード:FC

概要

ユーラシア大陸を舞台に、モンゴル帝国をメインとした歴史シミュレーションゲームです。
モンゴル編、世界編のふたつのシナリオがあり、モンゴル編ではテムジンでモンゴル統一を目指し、世界編は、モンゴル帝国のジンギスカン、日本の源頼朝、ビザンツ帝国のアレクシオス、イングランドのリチャード1世からひとりを選び、ユーラシア大陸制圧を目指します。
元はPCのゲームで、信長の野望、三國志に続く、光栄の歴史三部作のひとつとして登場していたそうです。その移植版に当たります。
そのため、信長の野望、三國志と比較される事が多いです。
内政のやり方、特産品など独特のシステムがありますが、最も特徴的なのは、何と言っても世継ぎを作るオルドシステムです。
后と一夜を共にして、子供を作るというシステムなのですが、この后が最初からいる后だけではなく、攻め入った国の后も自分の物に出来てしまうというシステムだったり、成功した時のグラフィックが何とも言えず、子供には刺激が強かった印象があります。
世界を舞台にした野心的な作品だったと思うのですが、このオルドシステムの印象が個人的には強すぎる作品でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項