ウィザードリィII リルガミンの遺産-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> FC(12)-> RPG-> ア行-> ウィザードリィII リルガミンの遺産

ウィザードリィII リルガミンの遺産

ジャンル:RPG
メーカー:アスキー
発売日:1989年2月21日
ハード:FC

概要

ファミコン版ウィザードリィシリーズの第2弾です。前作から後の時代を舞台に、リルガミンを襲った災いの原因を究明するため、宝珠を探し求める3DダンジョンRPGとなっています。
大まかなシステムとしては、前作と変わりありませんが、大きな特徴となるのが、善と悪により入れないフロアが存在すること。クリアをするためには、全部のフロアに行く事が必要であるため、善のパーティ、悪のパーティを使い分ける必要があります。
真面目に二つのパーティを作って攻略するのもいいですが、効率良く攻略するために重要なのが、中立のキャラクターの存在。中立のキャラクターはどちらのフロアにも立ち寄れるので、主要メンバーを中立にして、場面に応じて、一部のキャラクターを善と悪に分けると無駄なくキャラクターを育てることが出来ます。
キャラクター育成をウィザードリィの楽しさの根本と考えると、この手の方法はずるいと思われるかもしれません。
このファミコン版ウィザードリィ第2弾に当たる本作ですが、実はPCでは、シナリオ3として登場しています。本来のシナリオ2に当たるダイヤモンドの騎士が、第1作目のクリア後のパーティを想定して作られていたために、高レベルのモンスターが序盤から登場することがその理由とされています。ファミコンでは、別売りのターボファイルを使ったりしなければ、1のキャラクターを転送するという事が出来なかったため、最初から始められるシナリオ3が選ばれたそうです。ちなみに、シナリオ2のダイヤモンドの騎士は、後にバランス調整されて、ファミコン版でウィザードリィIIIとして登場する事になります。
ちなみに、本作でもターボファイルで前作のキャラクターを持ってくる事は可能ですが、祖先の力を受け継いだ子孫という扱いのため、能力は若干落ちてしまいます。それでも、最初からやるよりは有利な事に間違いはないようです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2020 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項