魔城伝説II 大魔司教ガリウス-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> FC(6)-> アクション-> マ行-> 魔城伝説II 大魔司教ガリウス

魔城伝説II 大魔司教ガリウス

ジャンル:RPG
メーカー:コナミ
発売日:1987年8月11日
ハード:FC

概要

MSXで展開されていた魔城伝説シリーズの第2弾のファミコン移植版です。シリーズとしては、MSXで後の作品も含めて、全部で3作ありますが、ファミコンに移植されたのは本作のみとなっています。

ちなみに作品ごとにゲームのジャンルが異なり、1作目はシューティング、2作目はアクション、3作目はアドベンチャーとなっています。タイトルも若干変わっていますが、アレンジを加えられた形での移植となっています。

物語としては、1作目の直接的な続編になっていて、主人公は前作から登場のポポロンと、ポポロンによって助けられたアフロディテの二人になっています。魔城を探索しながら、大悪魔がいるワールドを巡り倒していくことが目的となります。

剣がメインの武器ですが、その他に切り替える事が出来るサブ武器と言うのも存在します。主人公二人は自由に切り替える事が出来ます。それぞれ、ジャンプ力やサブ武器の連射回数、水の中でのダメージ、お店で物を買う時の値段などに違いがあるので、場面に応じて切り替える事が重要です。特に水の中でのダメージは顕著に差が現れるので、注意が必要です。また、それぞれどちらかしか通れないエリアもあったりします。ただ、アイテムによっては、それぞれの弱点を補う事が出来るようになったりもします。

ゲームとしては、アイテムを集めながら行動範囲を広げて、先に進んでいくような探索型の作品になっています。プレイした感覚としては、マップも比較的簡単に手に入りますし、アイテムをちゃんと集めていけば、次に行く場所も分かるようになっているので、全体としては遊びやすい作品です。

各ワールドではボスとして大悪魔が出現するのですが、ボス戦を楽にするアイテムと言うのもそれぞれのワールドにあります。ボス戦で苦戦するようであれば、アイテムを探せば良く、逆にアクションに自信があれば、面倒な事を省いて先を目指すなんて事も出来たりします。

クリアに必要なアイテムと言うのもありますが、注意深くマップを見て探索していけば、それほど難しい場所に配置されている訳では無いので、物凄く悩むという事はないです。

ひとつ難点を上げれば、体力を回復する手段が限られているというところでしょうか。経験値の概念があり、敵を倒すと上がっていくのですが、経験値が最大になった時に起こるのは、レベルアップでは無くて、体力回復で、この経験値を最大にしての体力回復が体力回復のメインとなっている点は少し厄介です。

体力回復の手段が限られているので、出来るだけ極力ダメージを受けないで戦う事が重要になります。そのために重要なのがサブ武器の使い方です。ただ、サブ武器は数に制限があるので、無くならないように補充していく必要があります。

普通に進めていくと、サブ武器の個数やお金に困る場面もあるのですが、稼ぎやすいポイントと言うのがあるので、そういう場面をちゃんと見つけておくと攻略はしやすくなります。全体的には適度な難易度で楽しめる作品だと思います。シリーズ物として、本作しかファミコンでプレイできなかったというのは残念だったなと少し思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項