アルゴスの戦士 はちゃめちゃ大進撃-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> FC(5)-> アクション-> ア行-> アルゴスの戦士 はちゃめちゃ大進撃

アルゴスの戦士 はちゃめちゃ大進撃

ジャンル:アクション
メーカー:テクモ
発売日:1987年4月17日
ハード:FC

概要

獣王ライガーを倒すために戦うアクションゲームです。ディスカーマーと言う巨大なヨーヨーのような武器で戦うのが特徴になっています。元々はアーケードゲームでファミコン移植版になります。

アーケードは純粋なステージクリア型のアクションゲームでしたが、ファミコン移植版は敵を倒すことによって、腕力、胸力、体力が上がったり、精神力を使って体力を回復や敵にダメージを与える事が出来たり、クリアに必要なアイテムを探し求めてステージを探索したり、トップビューのステージが追加されたりと、大幅なアレンジが加えられ、どちらかと言えば、アクションRPGのような作りになっています。サブタイトルにはちゃめちゃ大進撃と書かれていたり、パッケージのデザインがちょっと可愛らしくなったりと、そういう部分でもアーケード版と違う感じもする作品です。

ただ、基本的な部分では、アーケード版の雰囲気は受け継いでいて、硬派な感じのゲームなので、それとは違った感じのサブタイトル、パッケージにはどうしてそうなったのかとちょっと違和感を感じてしまったりもします。

アイテムを取る事によって、行ける範囲が広がっていくので、行けるところから順番に攻略して、行動範囲を広げていく感じになります。ステージクリアの順番などはありますが、それほど難しい事を求められる訳では無いです。

きちんと能力値を上げる事が重要で、そのためには敵との戦いを繰り返す必要があり、楽に戦える場所がどこにあるのかを探す事も重要になります。逆に言えば、ある程度、能力値を楽に上げられる場所を見つけてしまえば、難易度はぐっと下がります。敵を簡単に倒せるようになれば、それほど難しいアクションが求められる訳では無いです。

ひとつ難点があるとすれば、トップビューで滑車を使う場面です。これが意外と難しく、カチッと音が鳴ってから使わないと、そのまま転落してしまうなんて事になり兼ねないので注意が必要です。タイミングが難しいようで、決まったタイミングでいつも同じように出来ないで苦労した記憶があります。音が鳴ったと思ったら、すぐに外れてしまい気づかずに転落とか、いつまで経っても出来なくて、イライラさせられた覚えがあります。

アーケード版と単純に比べてしまうと全く違った作品と言う気はしますが、アーケードの雰囲気を残したファミコン版と思えば、それなりに楽しめる作品だとは思います。夕日のシーンとか、ファミコンでも頑張っているなとは思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項