聖飢魔II 悪魔の逆襲-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> FC(4)-> アクション-> サ行-> 聖飢魔II 悪魔の逆襲

聖飢魔II 悪魔の逆襲

ジャンル:アクション
メーカー:CBSソニー
発売日:1986年12月24日
ハード:FC

概要

ヘヴィメタルバンド、聖飢魔IIが登場するアクションゲームです。デーモン小暮を操作して、神ゼウスによって奪われた悪魔教典を取り戻し、捕らえられた仲間を助ける事が目的のアクションゲームです。ゲームの設定としては、聖飢魔IIがファミコンの世界で布教活動を行おうとしたら、ゼウスの妨害に合って、悪魔教典を奪われ、仲間が捕まったという事になっています。ちなみに登場するメンバーはゲーム発売当時のメンバーになっています。

ゲームとしては1ステージが8つのエリアに分かれています。それぞれのエリアにあるアイテムを取ると、別のエリアに行く道が開かれ、全てのアイテムを取ると、8つ目のエリアに行けるようになります。8つ目のエリアには仲間が捕らえられていて、助けるとステージクリアとなります。

ライフ制になっているのですが、このライフは敵や敵の攻撃に当たった時だけでなく、時間経過で徐々に減っていきます。そのため、もたもたしているとピンチになってしまいます。効率よく8つのエリアを巡る必要があるので、それぞれのつながりをちゃんと理解する事が重要です。

単にクリアを目指すだけであれば、アイテムを集めてひたすら先に進めていけば良いのですが、真のエンディングを目指すためには、各ステージで楽器を購入する必要があります。楽器を購入するためにはお金が必要なのですが、楽器を購入すると、ステージ中にあるお金だけでは、武器や回復アイテムを購入するためのお金が不足気味になってしまうので注意が必要です。そのため、重要になるのが隠しアイテムや隠し部屋を見つける事です。逆に言うと、隠しアイテムや隠し部屋を見つけると大量のお金を手に入れる事が出来るため、一気に難易度は低下してしまいます。

ジャンプのアクションがかなり独特でコツを掴むまでが大変です。敵も頭上からやたらと降ってくる感じで、相手をするのが面倒に感じます。時間経過でライフが減っていくので、あまり時間を掛けて待っているよりは、ダメージ覚悟で先に進んでしまった方が良い場面もあります。ゲームの中身から考えると、アイテムの配置が意地悪だったりするのは分かるのですが、操作感が良くないので、ストレスが溜まってしまいます。

キャラクターゲームとしても微妙な出来で、聖飢魔IIがヘヴィメタルバンドである事を考えれば、音楽はせめてもう少しどうにかして欲しかったと感じるところがあります。後にMSX2版と言うのが登場しているらしく、そちらはグラフィックやBGMが大幅に変わっていて、聖飢魔IIの曲が採用されているそうです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項