キングコング2 怒りのメガトンパンチ-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> FC(4)-> アクション-> カ行-> キングコング2 怒りのメガトンパンチ

キングコング2 怒りのメガトンパンチ

ジャンル:アクション
メーカー:コナミ
発売日:1986年12月18日
ハード:FC

概要

映画、キングコング2を題材としたゲームです。キングコングを操作して、さらわれたレディコングを助けるために戦うアクションゲームです。レディコングや人工心臓など、キングコング2の映画をモチーフとしているところはいくつかありますが、不思議な怪物が出現したり、奇妙な世界があったり、街中をミサイルが飛んでいたりと、冷静に考えると、結構、シュールなところが多いなと感じるゲームです。ただ、アクションゲームとしては純粋に楽しめる内容にはなっています。

ステージは全部で9つあり、それぞれがワープゾーンでつながっていきます。基本的にはひとつずつステージをクリアしていけば良いですが、ステージのつながりを考えてプレイすると効率よくプレイする事が出来ます。

キングコングはパンチと岩、そして、ジャンプによる踏み付けで攻撃する事が出来ます。岩は投げて攻撃する事が出来ますが、数は限られていて補充するには敵を倒して入手する必要があります。最大値をあげるためには特別なアイテムを取る必要があります。ライフ制になっていて、このライフの最大値をあげるためには人工心臓を取る必要があります。

ライフの最大値や岩の最大値をあげるアイテムは各ステージに隠されているので、これらのアイテムを見つけ出して確実に入手する事が攻略には重要になってきます。各ステージにはボスがいて、倒すと得られるカギを8個、手に入れると最終ステージのボスにたどり着く事が出来ます。ボス戦はライフがあって、岩があれば、意外とごり押しでどうにかなってしまいます。

慣れてくるとテンポ良くプレイする事が出来るのですが、そういう時に気を付けなければいけないのが崖です。特にスピードアップのアイテムを取って、スピードが上がった時に調子に乗って崖から落ちてしまうなんて事になると悲劇です。ミスするとスピードが元に戻ってしまうので急に難しくなったと感じるなんて事もあります。

クリアした時に、ゲーム攻略に掛かった時間が表示されますが、この時、裏技によってコメントをもらう事が出来ます。出来るだけ短時間でクリアするためには、マップを覚えて、アイテムやボス、ワープの位置を正確に把握する事が重要になります。裏技での攻略が許されるのであれば、カギは集める必要が無く、ダメージを受けると後ろに下がる事を利用して最後の扉をくぐり抜けるなんて方法もあったりします。

初見でプレイすると、難しく感じる部分もあるのですが、慣れてくると大きく時間を短縮する事が出来、最後まで一気に遊ぶことが出来るゲームです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項