アイギーナの予言-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> FC(4)-> アクション-> ア行-> アイギーナの予言

アイギーナの予言

ジャンル:アクション
メーカー:ビック東海
発売日:1986年11月21日
ハード:FC

概要

考古学者のジェイソンを操作して暗黒彗星の脅威に立ち向かうために冒険するアクションゲームです。ゲームとしてはフィールドマップにある遺跡を巡って、オーラスターを集めていくことになります。

特徴的なのは攻撃方法で、ジェイソンは考古学者だからという理由で武器を持っていません。遺跡に仕掛けられているシューターと言う仕掛けを使って敵を攻撃する必要があります。このシューターは下から叩くと出現し、現れたシューターに重なってジャンプすると、左右に攻撃する事が出来ます。

シューターの数は限られているので、無駄に使わないようにする事が大事です。遺跡の中で先に進めない場合には、一定数の敵を倒す必要があるため、シューターを上手に扱う必要があります。シューターは別の部屋に移動するとまた使えるようになるので、無理だと思ったらやり直した方が良いです。

遺跡の中にはほこらがあり、そこでヒントをもらいながら先に進んでいきます。オーラスターは各遺跡の隠し部屋にあり、隠し部屋に入るのには別な遺跡の特別なアイテムが必要な事もありますので、あちこちの遺跡を巡りながら探す事になります。

ヒントを解いていきながら進めていくのは楽しいのですが、いろいろと余計な要素もあってややこしくしている感じがします。まず、ゲームとは無関係の情報がたくさんあり、ヒントになる石板を入手したと思ったら、何の意味も無かったという事が多いです。しかも、ギャグを狙っているのかと思えるような内容だったりして、ゲームの世界観とミスマッチだと感じてしまいます。

ある程度、こういうのが続くと慣れるので、そういう物だと納得してプレイした方が良い気がします。ゲームを再開する時のパスワード入力画面で何度も間違えるとおじいさんが不良になったり、怪獣になったりするのもその例かもしれません。

また、フィールドマップにも仕掛けがあり、これを見つけるのがなかなか困難です。怪しい所を押すぐらいであれば、まだ良いのですが、決められたルートを移動と言うのはかなり難しいですし、これがゲームとして必要だったのかは謎だなと思ってしまいました。

更に、最後の最後で意地悪な仕掛けも用意されています。一応、ヒントを集めておけば、用心する事は出来るのですが、それでもその選択が正しいのかどうか悩んでしまいます。万が一の事を考えると、場面ごとにパスワードを取っておく事は重要だと感じる作品でもあります。

遺跡の中のアクションはそれなりに楽しめる作品ですから、余計な物は無くしてそれだけで良かったのではと思ってしまいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項