オバケのQ太郎 ワンワンパニック-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> FC(2)-> アクション-> ア行-> オバケのQ太郎 ワンワンパニック

オバケのQ太郎 ワンワンパニック

ジャンル:アクション
メーカー:バンダイ
発売日:1985年12月16日
ハード:FC

概要

テレビアニメのオバケのQ太郎を原作としたゲームです。Q太郎を操作して、ステージの途中にあるアイテムを拾って、ステージの最後に待っているキャラクターにアイテムを届ける事が目的のアクションゲームです。

Q太郎は歩いて移動する事が基本ですが原作と同じ様に空を飛ぶことが出来ます。また、アイテムを取る事によって敵を攻撃できるガウガウ砲を発射する事が出来るようになります。

空腹を表すゲージがあり、これが時間経過と共に減っていき0になるとミスになってしまいます。ステージの途中にある食べ物を食べる事によって回復していきますが、空を飛ぶとこのゲージの減りが早くなり、また一定以上ゲージが無くなると空を飛ぶことが出来なくなってしまいます。そのため、このゲージをちゃんと管理する事が大事です。

最初の方のステージでは食べ物もすぐに出てきますので、ずっと飛んでいって食べ物を回収していけば、どうにか間に合う部分もあるのですが、ステージを進めると、ゲージの減りと食べ物の出現がギリギリになってくるので、考えて空を飛ぶ必要があります。この事がかなり難易度を高くしています。更に後半のステージだと食べ物を出現させるための条件も必要になってきて、更に難しくなってきます。

攻略のポイントとしては、天国と地獄と言う隠しステージを上手に使う事。天国は煙突から出る丸い煙にくっついて上に上がる事がたどり着きます。このステージは分かりやすくボーナスステージと言う感じで、ゲージも回復します。

地獄は画面の下に落ちるとたどり着きます。画面が真っ黒で足場が見えないステージなので、ちょっと怖い印象もありますが、このステージはミスにはならない上、攻略のパターンを覚えれば、どうにかクリアは出来ます。その上、このステージをクリアした時にもゲージが回復するので、ピンチの時には迷わずに飛び込んだ方が良かったりします。

難易度が高いのでキャラクターゲームとして楽しめるかと言うのは微妙な感じもしなくはないのですが、それでもファミコン初期のタイトルだったので、単純に楽しんでいた感じもします。むしろ、今、プレイしてみると、その難易度の高さを味わって苦労する事になるのかもしれないと思いました。ただ、キャラクターものなので、バーチャルコンソールなどで登場するのは難しいかもしれません。

Chubby Cherubと言うタイトルの海外版もあるそうで、そちらはキャラクターが天使に変えられているそうです。

攻略情報はコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2019 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項