エクセリオン(FC)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> FC(1)-> シューティング-> ア行-> エクセリオン(FC)

エクセリオン(FC)

ジャンル:シューティング
メーカー:ジャレコ
発売日:1985年2月11日
ハード:FC

概要

ジャレコのファミコン参入第1弾のソフトです。ファイターEXを操作して惑星エクセリオンでゾルニ軍と戦うシューティングゲームとなっています。

大きな特徴が2つある作品です。ひとつはファイターEXの動きに慣性が働く事です。この慣性と言うのが意外と厄介で、急に操作しても思っていた通りに動いてくれないという事があります。イメージしているより、少し大回りするような感じでしょうか。慣れると多少はどうにかなるのですが、慣れないと大変です。逆にこの動きに慣れると、他のゲームの操作で違和感を感じたりします。

もうひとつの特徴は攻撃のショットにシングルショットとデュアルショットの2つがある事です。シングルショットは弾数に制限がありますが、連射する事が可能になっていて、デュアルショットは弾数に制限はありませんが、画面内で1度に1発しか発射する事が出来ません。シングルショットは、敵を倒したり、ボーナスステージで増やす事が出来ます。ちなみにボーナスステージではシングルショットの弾数の制限はありません。

ゲームとしては2Dの縦型のシューティングゲームと言う感じですが、背景は3Dのような形になっていて、当時のファミコンでこれだけの表現をしているのは、意外と頑張っているのではと思ってしまいます。ただ、敵の動きに注目していると、背景どころでは無いところもあって、ゲームとして活かされているかと言うと、それはまた別の話と言う気もしてしまいます。ちなみにステージは4つあり、それぞれに背景が異なっています。

ショットの使い分けはユニークに思えますが、1度に1発しか発射できないデュアルショットでも敵に近づけば、ほぼ連射と変わらずに撃てますし、弾数制限のあるシングルショットも敵を倒したり、ボーナスステージで増やせるので、特別に無駄撃ちしなければ、足りなくてどうしようもなくなって困るという状況にもならないです。その結果、どちらかのショットを使い続けるという形に落ち着くのかなと思ってしまいました。

連続して敵を倒すと、コンボで得点が増えるので、ハイスコアを狙うのであれば、ショットが無駄撃ちにならないようにする必要があります。元々はアーケードゲームで、ファミコン移植版となりますが、慣性や3Dの背景などは特徴を捉えているような気がします。今、プレイすると物足りなさは感じる作品だとは思いますが、当時としては、意欲作だったと言えるのかもしれません。

攻略情報はコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2020 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項