アーバンチャンピオン(FC)-おきらくゲームソフト事典-

おきらくゲームソフト事典-> FC(1)-> アクション-> ア行-> アーバンチャンピオン(FC)

アーバンチャンピオン(FC)

ジャンル:アクション
メーカー:任天堂
発売日:1984年11月14日
ハード:FC

概要

ファミコンとしては初の対戦格闘ゲームになります。後の格闘ゲームが流行った時代から見ると派手さはないのですが、意外とシンプルで楽しめる作品だとは思ってしまいました。ゲームとしてはとてもシンプルでパンチを繰り出しながら相手を画面端まで追いやれば1ラウンドクリアとなります。それを3回繰り返すと3回目はマンホールが現れ、そのマンホールに相手を落すと勝利となります。

強パンチと弱パンチの2種類と、ガードとスウェイを駆使して敵のパンチを防いだり避けたりしながら戦います。強パンチは当たると相手を転がす事が出来ますが、スピードがゆっくり、弱パンチは一発で倒すことは出来ませんが、スピードが速いです。このパンチを上手く使い分ける必要があります。

キャラクターにはスタミナと言う値が設定されていて、パンチを打ったり、パンチを受けたりすると減ってしまいます。これが0になると弱パンチしか繰り出せなくなるうえに、弱パンチですぐに転がってしまうので注意が必要です。

更にキャラクターめがけて植木鉢を落してくるキャラクターもいるので油断は出来ないです。また、たまにパトカーがやってくると、両者ともに端っこに戻されての再スタートとなります。

序盤はそれほど考える事なく、単に強パンチを繰り出していれば勝てるのですが、途中からはかなり相手が強くなっていきます。単純にパンチを繰り出すだけでは勝てなくなります。意外と有効な手としては時間切れを狙う事です。時間切れになると中央から離れた方がパトカーに連行されて負けと言うルールがあるので、スタートしたら一気に真ん中まで行き、そこで相手のパンチを交わしていれば意外とすんなりと勝ててしまったりします。画面の端まで追い詰められても反対側から出てくる裏技なんてのもあったりしますので、それで逆転を狙う事も可能ではあります。

1人プレイでは延々と対戦が続いていくのですが、勝利を重ねると、その勝利の数を示すグラフィックが追加されていきます。それが数を重ねるごとに変化していきます。最初はグローブから始まりますが、旗やトロフィーなどになり、最終的にはCHAMPIONの文字になります。グラフィックとしてはそれで終わりですが、ゲームとしてはエンドレスで続いていきます。

シンプルなので飽きてしまう部分もあるのですが、シンプルな分、単純な駆け引きが面白いと感じる事が出来る作品でもあります。コンピュータの強さと言うのが途中から上がってくると苦労するのですが、その分、勝った時は嬉しくなります。

攻略情報はコチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加

おきらくゲームソフト事典 Topへ
Copyright (C) 2011-2020 うかりこ. All Right Reserved
プライバシーポリシー・免責事項